%e7%b5%90%e5%a9%9a%e3%82%92%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%9f%e8%b2%ab%e4%ba%95%e5%be%b3%e9%83%8e%e3%81%ae%e7%9f%ad%e7%b7%a8%e5%b0%8f%e8%aa%ac%e3%80%8c%e5%b4%a9%e3%82%8c%e3%82%8b-2書籍
結婚をテーマにした貫井徳郎の短編小説「崩れる」を読んだ感想
045
今回は知る人ぞ知る推理作家、貫井徳郎氏が書いた短編小説「崩れる」の感想をだらだらと綴っていこうと思う。 崩れるとは? あらすじ 仕事もしない無責任な夫と身勝手な息子にストレスを抱えていた芳恵。ついに我慢の限界に達し、取った行動は……(「崩れる」)。30代独身を貫いていた翻訳家の聖美。ある日高校の同級生だった真砂子から結婚報告の電話があり、お祝いの食事会に招待されるが……(「憑かれる」)。家族崩壊、ストーカー、DV、公園デビューなど、現代の社会問題を「結婚」というテーマで描き出す、狂気と企みに満ちた8つの傑作ミステリ短編集。(Amazonより)
アンダーグラウンドより