%e3%80%8c%e4%ba%ba%e3%82%92%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%99%e6%96%b0%e3%81%9f%e3%81%aa3%e5%8e%9f%e5%89%87%e3%80%8d%e3%81%ab%e3%81%af%e3%80%81%e7%8f%be%e4%bb%a3%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%81%a7%e7%94%9f%e3%81%8d書籍
「人を動かす新たな3原則」には、現代社会で生き抜くために必要な知識が詰まっていた
025
人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!参考になる部分が多い良書でした。
アンダーグラウンドより
%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%81%8c%e9%81%b8%e3%81%b6%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%99%e3%82%b9-4グルメ
グミマニアが選ぶおすすめのグミランキングベスト15!
056
今回はそんなグミ大好きな人間が今まで食べたものの中で「これはうまい。誰かにおすすめしたいな」と唸ったものをランキングにして紹介していきたいと思います。
アンダーグラウンドより
%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%8a%b9%e7%8e%87%e3%82%92%e7%88%86%e7%99%ba%e7%9a%84%e3%81%ab%e4%b8%8a-4書籍
マニャーナの法則を使って作業効率を爆発的に上げる方法
055
どうもどうも。もぐらです。 いきなりですけど、漠然とでも「仕事の作業効率を上げたい!」と思っている人って多いのではないでしょうか。 作業効率を上げることが出来れば単純にこなせる仕事の量が増えたり残業を失くしたりすることが出来ますからね。 僕もブログの更新頻度を上げたりコンテンツの質を上げたり、効率よく作業を進めたいなーと考えています。
アンダーグラウンドより
%e5%90%83%e9%a9%9a%e4%bb%b0%e5%a4%a9%ef%bc%81%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e5%b0%8f%e8%aa%ac15%e9%81%b8%ef%bc%81%e6%97%a7%e4%bd%9c%e3%81%8b-3書籍
吃驚仰天!おすすめミステリー小説15選!旧作から人気作まで
067
本は結構読む。小説は時々読む。その中でもミステリーとホラーは好んで読む。 という読書傾向を持った管理人が、今回はおすすめのミステリー小説を15冊ほど厳選して紹介していきます。 ただ最初に断っておくと今回紹介するもののほとんどは定番作品なので、「コアなミステリー作品を読みたい!」という方のお力にはなれないかと。
アンダーグラウンドより
%e3%80%8c20%e4%bb%a3%e3%81%a7%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%8d%e3%81%af%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84おカネの話
「20代で知っておきたいお金のこと」はお金についてのリテラシーを高めたい人向け
029
最近お金について書かれた書籍ばかり読み漁っています。もぐらです。 なんでしょう。やっぱりお金が好きなんですかね。 こういうと嫌儲な方に批判されてしまいそうですが、まぁ好きなものは好きなので仕方がありません。放っておいてくれw というわけで今回は、20代という比較的若いうちに知っておくといいマネーの本を紹介しましょう。
アンダーグラウンドより
%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%89%8d%e3%81%ab%e8%aa%ad%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%82%e3%80%8c%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9-3おカネの話
フリーランサーになる前に読みたい。「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」
030
独力で生きていきたいものです。もぐらです。 今回はフリーランスになりたい人向けの書籍を紹介していきましょう。それがこちら。 フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法 posted with カエレバ 山田 竜也 日本実業出版社 2018-01-25 Amazon 楽天市場 本書は、自由でカッコいいイメージのあるフリーランサーになることを目指している人がまず最初に読んどくといいかもよ?って感じの本です。
アンダーグラウンドより
%e3%80%8cgive%ef%bc%86take%ef%bc%88%e4%b8%8e%e3%81%88%e3%82%8b%e4%ba%ba%e3%81%93%e3%81%9d%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%99%e3%82%8b%e6%99%82%e4%bb%a3%ef%bc%89%e3%80%8d%e3%81%af%e5%af%be%e4%ba%ba%e9%96%a2-3書籍
「GIVE&TAKE(与える人こそ成功する時代)」は対人関係で損していると感じやすい人にこそ読んで欲しい
042
どうも、もぐらです。 いきなりですが、「他人を思いやり過ぎて疲れた」「与えてばかりで不公平だ」と悩んでいる方にぜひ読んで欲しい本があります。 それがGIVE&TAKE。 GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)アダム グラント 三笠書房 2014-01-10 内容をざっくりと説明すると、本書は「情けは人の為ならず」の正しさを体系的・客観的に説明したもので、いかに与える人が成功しやすいかを分かりやすく解説した良書です。
アンダーグラウンドより
%e4%b8%80%e7%94%9f%e8%b2%a7%e4%b9%8f%e3%81%aa%e4%ba%ba%e3%81%a8%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a7%a3%e6%94%be%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%ba%ba-2おカネの話
一生貧乏な人とお金から解放されて自由になる人の決定的な違い
036
どうも、もぐらです。 もはやお金に関する基本的な考えが知れるバイブル的存在と称してもいいくらいの書籍「金持ち父さん 貧乏父さん」を読み終えました。 この本の存在自体は常に頭の片隅にあったのですが、中々読めず、でも気になっているという感じで、ようやくそんじょそこらの岩よりかは重たい腰を上げて読み始めたところ、気付けば徹夜するほど熱中。そして、気付けば読了してました。
アンダーグラウンドより
%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e5%ba%97%e3%81%af%e4%b8%80%e6%97%a5%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e6%88%90%e3%82%89%e3%81%9a%e3%80%82%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%90-2グルメ
人気コーヒー店は一日にして成らず。「スターバックス物語」要点まとめ
024
日本人も大好きな超有名コーヒーショップ「スターバックス」 今でこそ町のそこかしこで散見できるようになりましたが、スターバックスはなぜここまで繁盛するようになったのか? 気になる人も多いのではないでしょうか。 実はその秘密はこの本にあらかた書かれています。いや、あらかたというより赤裸々に書かれているといった方がいい。包み隠さず全部書かれています。
アンダーグラウンドより
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e9%81%8b%e5%96%b64%e3%81%8b%e6%9c%88%e7%9b%ae%e3%81%ae%e5%a0%b1%e5%91%8a%e3%80%82%e5%8f%8e%e6%94%af%e3%81%a8%e3%81%8b%e4%bb%8a%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%96%b9%e9%87%9d%e3%81%aaInfo
ブログ運営4か月目の報告。収支とか今後の方針など
020
当ブログを始めて4か月が経ちました。 というわけで2回目の運営報告です。果たしてアクセスや収支は2か月前からどのくらい増えたのか? その辺に注目してご覧ください。 4月のアクセス数 アクセスは順調に伸びてってますね。 こちら↓ 先月が1万弱で今月が5万弱。個人的にはまずまずの数字だと思ってます。 で、アクセスが増えた理由に関しては、途中から完全に検索流入を意識した記事ばかり書いていたのと、少し前に書いた記事がようやくGoogleのクローラーに見つけてもらえたからではないかと。
アンダーグラウンドより